だいだらぼうのつれづれぐさ
ようこそ!!だいだらぼうのページへ。本、映画、音楽、食べ物、子育て等々、「だいだらぼう」の気ままな日常を覗いてみて下さい。

プロフィール

だいだらぼう

Author:だいだらぼう
性別:男性
茨城県に生まれ、ご幼少時代を納豆浸けで過ごす。
最近まで埼玉でサラリーマンをしていたが、突如大暴走して会社を辞め、ただ今極貧生活を満喫中.。しくしく...。
現在、普通の貧乏に昇格するべくダラダラと奮闘中!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

現在の閲覧者数:
無料カウンター ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 人気ブログランキング



カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スーパー銭湯

時々、銭湯に行く。

銭湯といっても、昔ながらの銭湯ではなく現代版銭湯、スーパー銭湯。
もちろん、昔ながらの銭湯は大好きなのだが、だいだらぼうの住んでいる場所にはそのタイプの銭湯はもう1軒もなくなってしまった。

車で7、8分の所に健康ランドのような銭湯が2軒ほどあるので、そのうちの1軒に行くことにした。別段、家の風呂が壊れていたりとか、不満があるからということでもないのだが、なんか大きな風呂に入ると足が伸ばせるし、気分がリラックスするんだよね。

ちなみに、スーパー銭湯と健康ランドとの違いはタオルや石鹸、シャンプーなどを自前で持参することと、宿泊が出来ないことくらい。まあ、銭湯と名が付いているのでそれもしょうがないと思う。

金額は平日で500円程度。
東京都内の銭湯に比べると若干高めだが、風呂の種類が豊富だ。普通のタイプの湯船から、泡風呂、炭酸泉、電気風呂、露天風呂、通常のサウナ、スチームサウナ、塩サウナ等々、色んなものが楽しめるようになっている。設備は健康ランドと大差ない。
アカスリや、マッサージ、風呂上りの飲み物、食事、ビール等、サービスも充実している。

初めてこの銭湯に行ったとき、早速銭湯の主であろう人と出会った。
主といっても経営者の方ではなく、毎日この銭湯に入りに来るという60歳近くの老紳士。
いきなり、お湯に使って軟体動物と化しているだいだらぼうに、

「こんにちわ」と声を掛けてくれた。
「お宅は、見かけない顔だけど今日が初めて?」
「ええ、よく分かりますね」
「だって、あなたを今までお見かけしたことないもの。私は毎日この風呂に来てるからだいたいの人は知ってるし覚えているから..」

うわぁ、のっけからすごい人にあったなあと思った。
確かに後から銭湯に来る人来る人、この老紳士に「こんにちは」と挨拶して行く。
話を聞くと、何でも単身赴任でこちらに転勤して来てアパートを借りて暮らしているんだとか。アパートに風呂はあるが小さくてゆっくり入れないと、だいだらぼうと同じような理由でこの銭湯に来るようになって3年ほどになるらしい。ほとんど皆勤賞だそうだ。
健康の秘訣は其の辺りにあるのかも知れない。
こういう方々と気軽に話が出来るのも銭湯の醍醐味か。

やっぱり、風呂好き、温泉好きはやめられない。


ポチッとクリックしてください。感謝、感謝です
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記


かたづけといてあげるよ。

先日、親戚の家に所用で行ったときのこと。
2人の娘、散々、親戚の叔母に遊んでもらい、その合間にティータイムとなった。

ジュースと一緒にお茶菓子のクッキーをいくつかいただいているうち、ふと時計の針を見るともう午後5時を指している。ああ、そろそろ帰る時間だ。
「じゃあ、もうご馳走様して帰るよ」と娘達に促したが、何やら下の娘が名残惜しそうな様子。

ピンときた親戚の叔母、気を利かせて、
「袋に入れてあげるから、おうちに持っていって食べな!」
と、茶菓子皿にあったクッキーを2、3個つまんで紙袋に入れてくれた。
大喜びの娘であったが、テーブルの上を見てみるとつまんだ時にこぼれたクッキーが3つほど茶菓子皿からこぼれている。

じっと見ていた下の娘のその後の行動。

「おかしがちらかっているから、かたづけといてあげるよ!」

んん、この娘こんなに気が利いたっけ?と、思ったのもつかの間、よく見るとテーブルにこぼれたクッキーをせっせと集めて、先ほどもらった自分の紙袋に詰めている。

何しとるんじゃあ、おまいは。そんな、都合のいい片付け方があるかぁぁ!!

それを見て大笑いした叔母、
「いいから、全部持っていきな」と茶菓子皿のクッキーを全部紙袋に入れてくれた。

至福顔の娘。平謝りのだいだらぼう。

しっかし、なんでこんなこと思いつくんだろう。
食い意地の汚さは遺伝か?
とすると、ああ、原因は俺か。
...なるほど、納得した。


ポチッとクリックしてください。感謝、感謝です
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2 Blog Ranking

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記


カンバンネコ

だいだらぼうの車の屋根には時々変な看板がついている。

いや、別に自分で取り付ける訳では無く、看板が勝手に歩いてきて屋根の上で寝ているのだ。

この看板の正体は近くのノラネコ。
屋根の上でスヤスヤと寝ている姿が、さながらタクシーの上の看板(第一タクシーとか、朝日タクシーみたいな)のようだ。
冬になって寒くなってので少しでも暖かいところで日向ぼっこをしようと場所を模索するうちにだいだらぼうの車の屋根にたどり着いたらしい。
ご丁寧にバンパーからボンネット、そして屋根へと点々と続く足跡アート付きだ。

まぁ、いっか!別に減るもんでもないし。
特に車を使わないときは、ベッドとしてこの白と茶色のブチネコへ無償貸し出ししてあげよう。人懐っこいネコなので寄っても逃げないし、頭とか背中とか撫でくらせてくれるし...。そうえばアパート暮らしになってからほとんどネコ撫でくった記憶がないぞ。
 
それにしてもネコのあったかい場所探しのセンサーってのはたいしたもんだと思う。
自分で自分の車の屋根に手を当ててみたが確かに温かい。

全国の寒がりの方々!
手っ取り早く温い場所を見つけるには、先ず寝ているネコの姿を探すのが一番なんじゃないでしょうか。

車の屋根に上る訳にはいかんけど...。


ポチッとクリックしてください。感謝、感謝です
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2 Blog Ranking

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記


サイバラさん②

サイバラさんの本をまた買った。

古本屋で、文庫本を物色していたときのこと。
小説に混じってふと見ると黒表紙の怪しげな匂いのする本を見つけた。
おそるおそる手にとってみると、それはサイバラ(西原理恵子)さんの本。
題名は、「鳥頭紀行ぜんぶ」と書いてある。

おぉ、お宝だ。これ、持ってなかったんだよね。ラッキー!!
他の何点か文庫本と一緒に、「鳥頭紀行ぜんぶ」もレジで会計。
う~ん、今日はついてるかもしんない。

家に帰って早速、買ったばかりのサイバラさんの本を広げてみた。

絶句!!
字が、字が読め~ん!!


鳥頭紀行ぜんぶ1


しまったぁ、忘れていた。
サイバラさんの漫画は文字だらけ(というか文字がビッシリ)なんだった。普通の雑誌サイズでも、ややもすると目を凝らして見るときがあるのにこれは文庫本のサイズに縮小されている。とても小さくて字が読めない。

コロッと忘れて買った自分も自分だが、文庫本サイズにした出版社も出版社だ。
この本売るときには付属アイテムでルーペか虫眼鏡もセット販売せんかい!

そういう訳で、100円ショップで虫眼鏡も購入。おお、これなら何とか読めるぞ!
(それにしても現代の印刷技術はすごいね。こんなちっちゃな字、つぶれちゃってて拡大してもよく読めないだろうと思っていたら、ちゃんと読める)

鳥頭紀行ぜんぶ2


苦労して全部読んだが、手と目と頭がえらく疲れた。

改めて恐るべし!サイバラさんの本。


ポチッとクリックしてください。感謝、感謝です
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2 Blog Ranking



テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記


暴走バス

先日、本当に久しぶりだが所用の際、路線(乗り合い)バスを利用する機会があった。

バスを待つこと7分、目的地行きの表示を掲げたバスが停留所に到着。
真ん中の大きなスライド型のドアが開き、小さなBOXから整理券を引き抜いた(東京都内を走る都バスは均一料金で整理券が無いが、この地方を走る路線バスは区間により料金が異なるため、乗った場所を番号で示す整理券を乗車時に取る必要があるのだ)。

事件はこの直後より発生。

乗車口のタラップを上っていると途中に入り口ドアは閉まりバスは急発進。
その反動で転びそうになるのを何とかこらえて後部の長椅子に座り、「随分、乱暴な運転するなあ」と頭の中で考えつつ、次の停留所に到着。

あれあれ、バスに乗る人が見えるのになかなか止まらないぞと思っていると、今度は停留所の直前に急ブレーキ、急停車。体が思い切り前に揺られた。
更には、またもや急発進。この停留所から乗車した2人の女子高生は最後部の椅子に座ろうと歩いている最中だったので残り1メートルのところで強制的に前のめりに椅子に座らされる結果となった。

この調子で、各停留所で急発進、急停車を繰り返しバスは運行され、極めつけは市内の目抜き通りを抜けて湖へと向かうかなり勾配のある坂を下り始めたとき。

バスは速度を上げ、軽いカーブのこの急勾配の道をとんでもない勢いで下って行く。
さながらジェットコースターに乗っているようだ。
バスの運転手さん、何が貴方をこんなに掻き立てる??

やっと目的の停留所に到着し、バスを降りる際に、

「もしかするとこのバスは速度が60キロ切ると爆発でもするようになってんですか?」

と運転手さんに聞こうとしたが、そこにはキアヌ・リーブスの姿もサンドラ・ブロックの姿も無かったので出掛かった言葉をグッと飲み込んで停留所を後にした。


ポチッとクリックしてください。感謝、感謝です
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2 Blog Ranking

テーマ:ちょっと!ちょっとちょっと! - ジャンル:日記


ニモツニナラナイヨ!

先日、新年早々デパートに買い物に行った時のこと。

4階から5階に上るエスカレータに乗っている最中、ふと気が付くと反対側の下りのエスカレータが少し騒がしい。
良く耳を凝らすと、男の子の声で

「ニモツニナラナイヨ、ニモツニナラナイヨ」

と聞こえる。

徐々にその男の子の声が大きくなってきて少し斜め上を見上げると見たところ小学1、2年生くらいと思われる男児とそのお母さんと思われる女性が下ってくる。
だいだらぼうの乗る昇りエスカレータと、この親子らしき二人連れがまさしくすれ違う瞬間、はっきりと言葉が聞き取れた。

「ねえ、お母さん。アレは荷物にならないよ。ねえ、荷物にならないよ。」

と、しきりにお母さんに食い下がっている。
ちょっと考えて、ああ、なるほどそういうことかと理解出来た。
どうやら、この男の子は欲しいおもちゃがあったのだが、お母さんに却下されたらしい。
多分、お母さんは普段子供から物をねだられたとき、それを断る言葉として、

「そんな、荷物になるモノは、(持ち運びの)ジャマになるからいけません、我慢しなさい」
と言い聞かせているんだろうなぁ、と思う。
そりゃ、そうだ、子供の希望どおりにおもちゃやお菓子買ってあげてたらキリがないもの。
お母さんの心情は良く、よおく理解出来る。

ただ、子供も言われたままではいない。
今までは漠然とその言葉で何とか言いくるめられたのが、我が子も返し技を用意するようになる。
「このオモチャは小さくて荷物にならないのでこれだったらいいでしょ」ということらしい。
坊や、成長したな。ナイスな逆襲だ!!

と、人ごとなのでそのやりとりをほのぼの聞いてられたが、考えてみればいつそれが我が身にふりかかるかも分からん。

今後、お母さんは新たにどんな言葉を使ってこの男の子の口撃をかわしていくのか、すご~く気になりつつデパートを後にした。


ポチッとクリックしてください。感謝、感謝です
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2 Blog Ranking

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記


箱根駅伝

だいだらぼうの正月は「箱根駅伝」を観ることから始まる。

実家に帰省。
元旦「明けましておめでとう」の挨拶をしてもこの時点ではまだなんとなくピンと来ない。
年が明けて正月になっているのは間違いないのだが、近くで門松を見るでもなく、着物のお姉さん達を直に見るでもなく、何か年々お正月を感じさせるものが減ってきているような感じがある。(そういえば、昔はナンバープレート付近に正月用の飾りを付けて走っている車を良く見かけたが、最近はとんと見かけないぞ)

で、「あぁ正月だなぁ」を実感するのが前述の「箱根駅伝」(正式には「東京箱根間往復大学駅伝競走」)だ。
いつ頃見始めたか記憶は定かでないが、多分、毎年20年近くは見続けている。今年でもう83回大会になるんだそうだ。

順天堂大、駒沢大、日本大、東海大、亜細亜大などは優所候補に挙がっていたが日体大や今年は早稲田大も強くなってきたので、今年もまた見応え十分だった。
それにしても順大5区の今井選手は超人か?4分差をひっくり返しての往路優勝は只々驚くばかり。今回も特に強烈な光を放っていたなぁ…。
去年アクシデントで優勝を逃し(それでもその絶体絶命のアクシデントの中、襷(たすき)は繋がった。そのお陰で今大会のシード権も獲得)、その翌年の総合優勝だけに特に強烈に記憶に残りそうだ。

なぜ毎年欠かさず「箱根駅伝」を見るのかと問われるとハッキリ答えられない。
が、多分、襷を最後まで繋ぎ、その上での母校の名誉、誇りのみを糧に過酷な道のりをひたすら走り続ける選手達の姿に惹かれるからなんだろう…。
思えば、初めて「箱根駅伝」を見たとき、襷を次の選手に託した直後に酸欠でバッタリと倒れ、抱えられるようにして介護車に運ばれていく選手達の姿は今でもハッキリしたイメージで頭に焼き付けられている。

今年は順大の優勝で幕を閉じたが、次回もまた数々のドラマを描かれる面白い大会になりそうだ。


ポチッとクリックしてください。感謝、感謝です
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2 Blog Ranking

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記


A HAPPY NEW YEAR

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

昨年度末のドタバタも何とかクリアして無事、新年を迎える事が出来た。
しかしながら、体重が12月の初めの頃に比べて2.5kg程増。さすがに体がちょっと重い。

考えてみれば年末、娘の誕生日、クリスマス、忘年会、正月明けで雑煮、焼き餅三昧と飲み食いを重ねてきたので、それも致し方ない。早急に体重を元に戻さねば…。(汗)
そういえば、先日、地元のラジオ局で「D・D・Tea」なるダイエット茶の宣伝してたなぁ。飲んだその日に2.5kg体重が減りましたってホントかぁ??

いかん、いかん、またラクな方に流されようとしている…。

改めまして、今年も宜しくお願い致します。


ポチッとクリックしてください。感謝、感謝です
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2 Blog Ranking

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。