だいだらぼうのつれづれぐさ
ようこそ!!だいだらぼうのページへ。本、映画、音楽、食べ物、子育て等々、「だいだらぼう」の気ままな日常を覗いてみて下さい。

プロフィール

だいだらぼう

Author:だいだらぼう
性別:男性
茨城県に生まれ、ご幼少時代を納豆浸けで過ごす。
最近まで埼玉でサラリーマンをしていたが、突如大暴走して会社を辞め、ただ今極貧生活を満喫中.。しくしく...。
現在、普通の貧乏に昇格するべくダラダラと奮闘中!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

現在の閲覧者数:
無料カウンター ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 人気ブログランキング



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


映画 硫黄島からの手紙

先日の父親たちの星条旗」に続き、第2部目の「硫黄島からの手紙」を観てきた。
父親たちの星条旗」は都合良く戦争の宣伝、資金集めの材料にされてしまったアメリカの「英雄」達の話。それに対し、「硫黄島からの手紙」は、ほぼ戦地に赴くことイコール戦死することが決定付けられた日本軍の将校、兵士達の物語。

このクリント・イーストウッドの2部作を観たかったのには理由がある。
その大きな理由は日米両方の目から見た太平洋戦争(第二次世界大戦)を描こうとしたことだ。

今まで数多くの戦争映画を観てきた。
「痛快な大作戦の経過を描いたもの」、「戦場での戦士達の友情を描いたもの」、「兵隊に出された夫、子供の家族達の悲哀」、「お金をかけた大迫力映像」、「反戦映画」等々。確かに娯楽としては面白いものも多数ある。
だが、共通して言えるのは、ほぼ必ず「正義」の側と「悪」の側が存在し、その一方の目から捉えたストーリーになっていること。

戦争中起こった出来事の中には、確かに美しい話も存在するだろが、勿論そればかりではない。
「正義」の側から描かれた国のなかにも、利己的に戦争を利用した人もいれば、悪道を尽くした者もいる。逆に「悪」と描かれた国でも人道的に尽くした者もいれば、戦争行為そのものを憂いた人もいるだろう。

そもそも戦争そのものに「善」と「悪」があるかということも疑わしい。
互いに、その祖国、家族を守るために戦場に散っていった兵士達だ。それがアメリカであろうが、日本であろうがその気持ちに大きな差があるとも思えない。

1つの戦争を日米双方の目から見て、両方の戦士たちを比較出来るように描いたところにこの2部作の大きなこだわりがある。
一方の視点でのみ描かれた世界は真実を見誤らせてしまう可能性がある。

「戦争」とは、つまるところ話し合いで解決が叶わなかった人類達の努力不足を、力ずくで解決しようとしたものと考える。当然ながらその努力不足には数々の悲しい現実が付きまとうことになる。
今まで、「だいだらぼう」が観てきた戦争映画の中で、本気で戦争の本質らしきものを見せてくれた作品は、スタンリー・キューブリック監督の「フルメタル・ジャケット」くらいか?

最後に、この「硫黄島からの手紙」の感想。
渡辺謙さんの圧倒的な存在感を期待して観にいったのだが、その点ではちょっと残念だった。
硫黄島からの手紙」という題名から想像したものと実際の作品のストーリーもちょっと違和感が…。

しかしながら日本兵の目から見た太平洋戦争を、アメリカの映画会社、スタッフがこれほど公平に描いてくれたことに、先ず感謝したい。


ポチッとクリックしてください。感謝、感謝です
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画


この記事に対するコメント

行ってきましたか・・・。
自分もイーストウッド好きなんで観たいと思ってます。

確かに戦争ってのは180°違う立場で自分が正しいかどうかも判らず参加しているのだと思います。

アメリカ人の監督が敵国であった日本の立場に立って映画を制作した事自体にとても意義があると思うし、何時までも過去の戦争に捕らわれてネチネチしている隣国の人たちにも考えて欲しいものです。
【2006/12/13 12:55】 URL | nabe-ken #-[ 編集]

-nabe-ken さんへ-
この映画を観た劇場内で気が付いたことがあります。
平日に行った為、(仕事で)一般の人が少なかった事もありますが、すごくたくさんのお年寄りの方が見に来ていた事です。
なかには、何人かで連れ合って見に来ているおじいさん達もいました。
過去経験した悲しい思い出を再度確認されているように私の目には映りました。
やっぱり、戦争はいやですね。

【2006/12/13 23:03】 URL | だいだらぼう #-[ 編集]

ハジメマシテww僕はまだ「硫黄島からの手紙」見てないんですけどねぇww                                                                        早く見たいです(・Д・ )
【2006/12/14 20:48】 URL | 暇中生 #TT0fzUCU[ 編集]

-暇中生さんへ-
はじめまして。
映画ってなかなか金と暇がないと行けませんよね。
レンタルになってから観ようってな映画もありますが、やっぱり大スクリーンで観ると迫力が違います。
【2006/12/15 00:03】 URL | だいだらぼう #-[ 編集]

 だいだらぼうさん、もう観に行かれたのですね。「父たちの星条旗」を観て、そんなに経ってないので、記憶も鮮明だったでしょうね!それに、おじいさんたちが連れだって、観にこられていたとか・・・。私も、おじいちゃんが生きてたら、手をひいて行ってたかも?と、思いました。
【2006/12/15 08:16】 URL | bonyari #-[ 編集]

-bonyariさんへ-
今回、この2部作を観に行って色んな意味でためになりました。可能であれば、1度本物の「硫黄島」に行ってみたくなりました。
【2006/12/15 22:27】 URL | だいだらぼう #-[ 編集]

こんにちは。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
映画「硫黄島からの手紙」もとりあげています。
よかったら、寄ってみてください。

http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611
【2006/12/29 20:29】 URL | kemukemu #-[ 編集]

-kemukemuさんへ-
初めまして。
ご訪問有り難うございます。
ブログ、拝見しました。大道芸のレポート、新鮮でおもしろいですね。
今後もまた寄らせて頂きます。
【2006/12/31 01:19】 URL | だいだらぼう #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://daidarabou.blog79.fc2.com/tb.php/27-3d401452
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。