だいだらぼうのつれづれぐさ
ようこそ!!だいだらぼうのページへ。本、映画、音楽、食べ物、子育て等々、「だいだらぼう」の気ままな日常を覗いてみて下さい。

プロフィール

だいだらぼう

Author:だいだらぼう
性別:男性
茨城県に生まれ、ご幼少時代を納豆浸けで過ごす。
最近まで埼玉でサラリーマンをしていたが、突如大暴走して会社を辞め、ただ今極貧生活を満喫中.。しくしく...。
現在、普通の貧乏に昇格するべくダラダラと奮闘中!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

現在の閲覧者数:
無料カウンター ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 人気ブログランキング



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カンバンネコ

だいだらぼうの車の屋根には時々変な看板がついている。

いや、別に自分で取り付ける訳では無く、看板が勝手に歩いてきて屋根の上で寝ているのだ。

この看板の正体は近くのノラネコ。
屋根の上でスヤスヤと寝ている姿が、さながらタクシーの上の看板(第一タクシーとか、朝日タクシーみたいな)のようだ。
冬になって寒くなってので少しでも暖かいところで日向ぼっこをしようと場所を模索するうちにだいだらぼうの車の屋根にたどり着いたらしい。
ご丁寧にバンパーからボンネット、そして屋根へと点々と続く足跡アート付きだ。

まぁ、いっか!別に減るもんでもないし。
特に車を使わないときは、ベッドとしてこの白と茶色のブチネコへ無償貸し出ししてあげよう。人懐っこいネコなので寄っても逃げないし、頭とか背中とか撫でくらせてくれるし...。そうえばアパート暮らしになってからほとんどネコ撫でくった記憶がないぞ。
 
それにしてもネコのあったかい場所探しのセンサーってのはたいしたもんだと思う。
自分で自分の車の屋根に手を当ててみたが確かに温かい。

全国の寒がりの方々!
手っ取り早く温い場所を見つけるには、先ず寝ているネコの姿を探すのが一番なんじゃないでしょうか。

車の屋根に上る訳にはいかんけど...。


ポチッとクリックしてください。感謝、感謝です
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:どうでもいいこと。 - ジャンル:日記


この記事に対するコメント

 ボンネットではなくて、屋根ということは、きっと若い猫ちゃんなのね~!しかし、だいだらぼうさんは、心が広い!自分家の猫でも、傷がつきそうでイヤだなあ~!私、心が狭いかも・・・?
【2007/01/22 14:36】 URL | bonyari #-[ 編集]

ウチのポンコツにも居ます・・・足跡もあります(笑)。
しかもヤツの場合ちっともなつきませんっ!!
クルマ使うときにどいてくれればコチラは別に構わないんですが・・・。
確かにネコは賢い・・・ウチのクルマは隣近所のどれよりも車高が高いので日当たり良好物件ですから(笑)。
【2007/01/25 17:59】 URL | nabe-ken #-[ 編集]

-bonyariさんへ-
どうせ乗り潰そうと思っている車なので多少のキズは気にしないようにしています。
足を滑らせたと思われる、3本平行に付いた傷がボンネットにあるんですが、これはコイツのものだろうなぁ..(笑)
【2007/01/25 20:22】 URL | だいだらぼう #-[ 編集]

-nabe-ken さんへ-
あいや~、nabe-ken さんのところにも出没しますか。ウチの車は車体の色が濃いので他の車よりも熱を吸収して暖かいのかもしれません。
コイツら、夏になると今度は車の下にもぐりこむんですよねぇ。(笑)
【2007/01/25 20:40】 URL | だいだらぼう #-[ 編集]


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://daidarabou.blog79.fc2.com/tb.php/38-97e257da
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。