だいだらぼうのつれづれぐさ
ようこそ!!だいだらぼうのページへ。本、映画、音楽、食べ物、子育て等々、「だいだらぼう」の気ままな日常を覗いてみて下さい。

プロフィール

だいだらぼう

Author:だいだらぼう
性別:男性
茨城県に生まれ、ご幼少時代を納豆浸けで過ごす。
最近まで埼玉でサラリーマンをしていたが、突如大暴走して会社を辞め、ただ今極貧生活を満喫中.。しくしく...。
現在、普通の貧乏に昇格するべくダラダラと奮闘中!



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



フリーエリア

現在の閲覧者数:
無料カウンター ブログランキング・にほんブログ村へ ブログ検索 人気ブログランキング



カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



FC2カウンター



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


世界の日本人ジョーク集

ちょっと立ち寄った本屋さんの店頭に「われわれは世界中でこんなネタになっている」とキャッチコピーの付けられた本があったので気になって買ってみた。

世界の日本人ジョーク集」という本だが、本の内容を簡単に言うと、「日本人って世界中でこういうイメージで見られてるよ」ということを、世界に点在するジョークに絡めて紹介する形になっている。

正直、東洋の小さな島国に対してにこんなに多くジョークネタがあったのかと驚いた。アメリカ、イギリス、フランスなど欧米諸国のそれに比べれば当然少ないのであろうがそれにしても予想よりはるかに多い数だ。

読み進めていると「あ~確かにそうかも知れない」というものから「え~、それは違うんじゃないのぉ」と思うものまで様々で自然とニヤニヤしてしまう。近くにいる誰かに「日本人ってこんなだってよ~」と紹介したくなる。

以下は、文庫本の帯に掲載されていたジョークのひとつ。

「会社からいつもより早めに帰宅すると、裸の妻が見知らぬ男とベットの上で抱き合っていた。こんな場合、各国の人々はいったいどうするか?」

☆ アメリカ人は、男を射殺した。
☆ ドイツ人は、男にしかるべき法的措置をとらせてもらうと言った。
☆ フランス人は、自分も服を脱ぎ始めた。
☆ 日本人?彼は正式に紹介されるまで名刺を手にして待っていた。


てな感じです。

個人的にはジョークの部分ももちろん面白いが、著者 早坂 隆氏のコメントも分かり易くて面白かった。


ポチッとクリックしてください。感謝、感謝です
ブログランキング・にほんブログ村へ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本の紹介 - ジャンル:本・雑誌


この記事に対するコメント


この記事に対するコメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック

トラックバックURL
http://daidarabou.blog79.fc2.com/tb.php/7-8ce1aa0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。